トップページ | 日経マネー検定 »

2006年6月18日 (日)

サラリーマン増税について考える

いま話題のサラリーマン増税ですが、労働組合「連合」のサイトで自分がどれだけの影響を受けるか分かります。 http://think-tax.jp/

来年から本格的な搾取が始まりそうな気配です。どれだけひどい目に合うか手触り感がわかりました。黙っていると、一般庶民が分からないうちにうやむやに事を進められてしまう気配です。

ますます貧富差が広がり、既得権護持の布石にしか思えません。
一般の働き蜂貧民層としては、節税など防衛手段も尽きてきた感じです。
税金も使い道が見えず、権力者の不正や不祥事ばかりが目立ち怒りを覚ます。

妻も、「家計のやりくりも、「財源足りないから増税」できたら安易。まずは使い方を考えろー。」と辛口批判です。

 

|

トップページ | 日経マネー検定 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サラリーマン増税について考える:

トップページ | 日経マネー検定 »