« 2008年8月 | トップページ

2009年5月の記事

2009年5月 5日 (火)

清流でキャンプ

久々の更新です。

皆さん、ゴールデンウィークはどのようにお過ごしでしょうか。ご多聞に漏れず、高速定額料金を使っての遠出でしょうか。渋滞や人ごみに全くというほどこらえ性が無い私は、できるだけ人の居ない場所を近場で探して過ごす事にしてます。(普段から、人とモノが溢れている東京に嫌々ながら通勤している訳で、このときぐらいと思ってしまうのは自然ですがね)

Rimg1120_2ということで、近場の清流でキャンプをしてきました。場所は敢えて明かしませんが、ご覧の通り山並みに囲まれた渓谷で、清流での川遊びもできる場所にも関わらず、GW中でもまばらにしかキャンパーが来ない穴場であります。数年前から目を付けてGWはここでキャンプすることにしてます。 

Rimg1061 いつもながらハプニングの連続で、今回はキャンプ場の入り口でなんと車のバッテリーがあがってしまいエンジンストップ! JAFを呼ぶことになってしまいました。救援まで2時間はかかると言われ、荷物をキャンプ場の管理人のおじさんに軽トラで運んでもらいながら、待つこと1時間弱、幸いながら別用で流していたJAFの隊員が近場を通り直ぐに来てもらえました。隊員いわく、バッテリーが完全に死んでおり、全く容量が無い状態だったようです。親切な管理人さんが、下山(毎日、近くの町に戻る)の際にショップでバッテリーを購入してきてくれて、翌日には事なきを得ました。

Rimg1067さてさて、野営をした場所へは渓流の上に架かった木橋を渡ります。丸太3本を渡した上に板を打ち付けた簡単なもので、荷物を持ったり数人で渡ると揺れて結構怖い。子供たちは、結構平気で行き来してましたが。ということでロケーションもなかなかワイルドなキャンプ場ですが、直火もOKであり、火を囲んでの団欒を味わえます。

Rimg1181火を見てると落ち着きます。普段なかなか話せないようなことも、焚き火を囲むとなぜか沢山出てきます。昔の人も、焚き火やいろりの火を見ながら、いろいろなことを話してきたに違いありません。現代人が精神的にも退化しているのは、実はこうした火を囲んだ団欒が無いからではないか、今一番必要なのは、このような火を囲む時間ではないか、と思えた次第です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年8月 | トップページ