旅行・地域

2008年8月17日 (日)

「塩の道」を歩く

暑い日が続きますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?
短い夏休みも終わり、再び長距離通勤で行きたくも無い東京に通ってます。コンクリートで、正しく「焼け付く」というような不快な暑さには閉口します。

今年の休みは、子供たちが部活やら何やら忙しく(遊んでもらえず)、またしても一人でということになりました。相変わらず人が多いところは嫌いなのと、ここのところ山の空気を吸っていなくて禁断症状が出ていたので、迷わず山歩き、それも人が押し寄せるような有名な山ではなく低山のトレッキングを選びました。
以前歩いた熊野古道は大変すばらしいものでしたので、続けて「古道」を歩こうと考え信州から糸魚川にかけてのフォッサマグナに沿った「塩の道」を歩くことにしました。
実は去年もここはトライしてますが、大雨に阻まれ追い返される羽目に会っており、そのリベンジも兼ねての挑戦です。
Rimg0184sRimg0189s ということで、昨年、一番の難所である大網峠を雨で越えられず断念した入り口にある山里の姫川温泉を起点にリベンジを果たすつもりで超ローカル線である大糸線の平岩駅に降り立ったのでした。


Dscf4429sRimg0197s平岩の駅前には酒屋(?)が一軒あるだけで、駅からは姫川温泉の宿が、逆に宿の窓からは、山間を縫って走る大糸線の鉄橋が見えます。




ところがすっとこどっこい、今年はずっと晴天に恵まれていたのになぜかこの計画の間だけ雨の様子。。。宿のおかみも同情顔でしたが、昨年のような土砂降りではないし行けるところまで行こう!と決意し、村営のバスで登山口の大網の集落まで向かったのでした。

続きを読む "「塩の道」を歩く"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月23日 (土)

ちょっと函館に行ってきました

某番組の登場キャラ風にタイトルを付けてみました。(「結婚できない男」の金田風)

とは言っても、遊びではなく仕事で出張してきただけですが。道南とはいえ秋の気配は色濃く、東京ではまだ暑いと感じた日差しが心地よく感じました。

Dscf3569_2Dscf3572_1

雲が多かった東京も、飛行機で雲の上に出ると快晴(当たり前か)、北の大地にさしかかるころは雲も千切れて無くなりました。下から見るとどんな風にみえるのだろうか。

Dscf3571_1 紅葉まではまだちょっと早く観光客も少ないと思いきや、どのフライトも満席状態でした。スーパーシートしか空いていなかったので、仕方なく(仕事でなけりゃ乗らない)予約。この原因は、多くの修学旅行が集中しているためだったのが、空港に行って分かりました。でもおかげでのびのびシートに座り、コーヒータイムには金沢の老舗の和菓子詰め合わせをもらいご機嫌。

Dscf3627_1Dscf3625_1  函館の港町は、小樽のようにレンガ倉庫街を観光資源として綺麗に景観整備していました。ここ5年くらいに整備されたと聞いてますが、実は、何度も旅行などで北海道を訪れていたのに、函館は一度も足を踏み入れたことが無ことに気づきました。有名な夜景もゆっくり見る暇が無かったので、次回は旅行でゆっくりと滞在したいと思います。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年8月 4日 (金)

木曽の馬籠宿

かつて中仙道の宿場街として栄えた馬籠宿は、今でも当時の面影を強く残してます。学生時代にバイクで訪れたのが最初で、今では家族を連れて何度も来るようになりました。第3子が生まれてからは暫くご無沙汰しており、今回は久々の家族旅行です。

石畳の坂に沿って、両側に昔ながらの旅籠や茶屋が並ぶ風景が、いつ来ても暖かく迎えてくれます。昔人の旅の苦難を受け止め癒してきたオアシスは、ストレスで固まった現代人にとても優しい。

Dscf3250s

Dscf3266s_1Dscf3243s 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月 1日 (土)

熊野古道

15年の永年勤続ということで、会社から一週間の休みをもらって「さてどうしよう」と考えてしまった。一億円当選したら何に使う?と聞かれて即答できないのに似ているが、情けないかな、そういえば最近遊べなくなっている自分に愕然とする。平日なので子供たちは当然学校だし、非常に残念だが(へー)家庭サービスに勤しむことはできない。さてどうするか。

自由人の不良中年たちを巻き込んでの大イベントも考えたが、ここは一つ、一人になれる絶好の機会を使って娑婆とおさらばを目論む。たまりに溜まった浮世の垢を落とすべく、何を思ったか熊野古道を歩くことに決めた。

どうせならテントを背負っての野宿の旅、「昔取った杵柄」とばかり準備を始めたが、一人用テントは手放してからかれこれ○○年。もっぱら平和なファミリーキャンプだけに終始するこの頃、装備も体力も大丈夫かー! 南紀の紀伊田辺から新宮まで約50kmを、全備重量20kg強を背負って徒歩で踏破するという、どっぷりサラリーマン生活に漬かった体には少々無茶な計画を遂行。

さてどうなるか? --- 続く ---

Sany0076 Sany0115

続きを読む "熊野古道"

| | コメント (0) | トラックバック (0)