アウトドア

2009年5月 5日 (火)

清流でキャンプ

久々の更新です。

皆さん、ゴールデンウィークはどのようにお過ごしでしょうか。ご多聞に漏れず、高速定額料金を使っての遠出でしょうか。渋滞や人ごみに全くというほどこらえ性が無い私は、できるだけ人の居ない場所を近場で探して過ごす事にしてます。(普段から、人とモノが溢れている東京に嫌々ながら通勤している訳で、このときぐらいと思ってしまうのは自然ですがね)

Rimg1120_2ということで、近場の清流でキャンプをしてきました。場所は敢えて明かしませんが、ご覧の通り山並みに囲まれた渓谷で、清流での川遊びもできる場所にも関わらず、GW中でもまばらにしかキャンパーが来ない穴場であります。数年前から目を付けてGWはここでキャンプすることにしてます。 

Rimg1061 いつもながらハプニングの連続で、今回はキャンプ場の入り口でなんと車のバッテリーがあがってしまいエンジンストップ! JAFを呼ぶことになってしまいました。救援まで2時間はかかると言われ、荷物をキャンプ場の管理人のおじさんに軽トラで運んでもらいながら、待つこと1時間弱、幸いながら別用で流していたJAFの隊員が近場を通り直ぐに来てもらえました。隊員いわく、バッテリーが完全に死んでおり、全く容量が無い状態だったようです。親切な管理人さんが、下山(毎日、近くの町に戻る)の際にショップでバッテリーを購入してきてくれて、翌日には事なきを得ました。

Rimg1067さてさて、野営をした場所へは渓流の上に架かった木橋を渡ります。丸太3本を渡した上に板を打ち付けた簡単なもので、荷物を持ったり数人で渡ると揺れて結構怖い。子供たちは、結構平気で行き来してましたが。ということでロケーションもなかなかワイルドなキャンプ場ですが、直火もOKであり、火を囲んでの団欒を味わえます。

Rimg1181火を見てると落ち着きます。普段なかなか話せないようなことも、焚き火を囲むとなぜか沢山出てきます。昔の人も、焚き火やいろりの火を見ながら、いろいろなことを話してきたに違いありません。現代人が精神的にも退化しているのは、実はこうした火を囲んだ団欒が無いからではないか、今一番必要なのは、このような火を囲む時間ではないか、と思えた次第です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 4日 (日)

丹那断層ハイキング

5月連休です。今年は飛び飛びですが、人によっては休暇をとって大型連休にしている方も多いかと思います。
私は人の混雑するところが大嫌い。基本的には近場の山や沢に遊びに行くことが多いです。今回も娘たちと近場の山に登ったり、一人でぶらりと山歩きをすることになりました。

皆さん、丹那トンネルってご存知でしょうか?当時の土木技術の全てを注ぎ込み、10年以上の歳月と多大な犠牲のうえに開通した、国家事業とも言えるべき旧国鉄のトンネルです。熱海から函南にかけて開通することで、昔は御殿場を通って遠回りしていた東海道本線が劇的に短縮されました。
と、ウンチクはいろいろなHPをご覧いただければ良いかと思いますが、今回、このトンネルの上にある丹那盆地を訪ねました。何より、昭和5年11月26日に発生したM7.3の直下型大地震(北伊豆地震)で出現した、巨大な断層を見に行きたかったからです。丹那トンネルも工事の最中で、この影響を少なからず受けたということです。Dscf5818_2

左は、丹那断層の状態を保存してある公園で撮影したものです。クリーク(用水路)が1m以上にわたってズレを生じているのが顕著に分かります。Dscf5843

あと丹那盆地は酪農が有名で、右写真のような牧場が点在します。

話が前後しますが、この丹那盆地に至るアプローチとして、熱海から玄岳を越えるルートを利用しました。(もちろん、徒歩です)
Tenbou1_4玄岳は標高800m弱の低山ですが、360度パノラマが売りのすばらしい景観が臨めます。 この日は、相模湾が眺望できた他、富士山も遠望できました。

丹那盆地へは、鉄道のアクセスも無く(まさしく、下を走ってますが、、)バスも殆ど無いため、玄岳へ登る人もそんなには多くないと思えます。実際、連休半ばにも関わらず、頂上で数人の初老の方々のパーティに会っただけでした。 Dscf5763

山頂付近は、始終、牧歌的な明るい道が続きますので気分も良く、楽しい山行きになります。

ただ、気をつけていただきたいのが、丹那盆地に降りた場合、その先は函南駅まで歩くか来た道をたどって熱海に戻るしかありません。函南までは廃道が多くて道標も少なく、道が分かり難いので気をつけてください。私はかなり迷いながら函南の近くの渓谷まで出てから廃道にぶち当たり、1時間以上の遠回りを強いられるところでしたが、私有地(畑)の持ち主の好意で私道(はしご)を下ってどうやら函南まで出られた次第です。その辺りの顛末は、また別途アップしたいと思います。

Dscf5856_2 Dscf5857

左は廃道入り口(この先100mくらいで消滅)と、たまたま好意で通ることができた私道の迂回路です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 8日 (月)

リベンジ! 栗拾い2

昨年は全くのスカでしたが、今年は暑かったし隔年で豊作かも。。。Dscf4692
期待した甲斐はありました。仕事が忙しくてなかなかフィールドに出られなかったので駄目かと思いましたが、やはり今年は豊作だったようで、出遅れ組にも収穫の喜びをほんの少し分けて下さいました。
自然の恵みに感謝々。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月15日 (日)

明神から新宿が見えた!

10月の3連休に、裏山(明神岳)を登ってきました。秋晴れの爽やかな気候の下、足も軽く大雄山最乗寺から2時間かからずに登頂してしまいました。驚いたのは、澄んだ大気状態の中で、新宿あたりの高層ビル街が眺望できたことです。毎日通勤していて大嫌いな東京ですが、ここから見えるとは思いませんでした。Dscf3656

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月 9日 (土)

リベンジ!栗拾い??

先週は、マウンテンバイクがパンクしてしまいました。チューブのパンクは修理しましたが裂けたタイヤをまだ交換してません。そこで急遽、ママチャリを引っ張り出して無謀にも林道にくり出しました。日頃の不摂生をのろいつつ、重いママチャリを押して30分、秘密の場所(ほホゥ)を辿りましたが今年は不作です。

Dscf3552長い梅雨と日照不足が効いているのでしょうか。未熟なイガが多数落ちている以外に見当たりません。例年では、そろそろ里山に近い場所ではピークのはずですが。。ついにまともな栗は一粒しか拾えませんでした。

後半戦、山奥の山栗に期待をかけたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)