「継桜」の名前の元となった、藤原秀衡(ひでひら)伝説の桜。
乳岩に置いた赤子の加護を祈り挿した桜が根付いたという伝説。