かつては御所や宿泊所があり、上皇や貴族が休息した。
昭和に廃墟となるまで、産土神として祭られていた。
今でも湯川会が中心に祭事が行われる。